昇華転写の特性と注意事項

インクジェットで転写紙に印字したものを、熱と圧力をかけて染色する印刷方法です。
インクが素材(生地)に染み込む為、素材(生地)の風合いが生かされ、とてもきれいな発色になります。
写真画像やグラデーションも高画質にプリント可能です。

1.転写紙に印刷完了 2.テープ・生地を合わせ加工する 3.転写紙を剥がしとる 4.昇華インクがテープ・生地に入り込んで仕上がり

色とび

印刷時、インクが飛んで本体に点々が出ることがあります。
(特に濃いベタの近くにインクが飛びやすい現象が起こります)

白抜き

印刷前の生地の切れ端から糸くずが生地に付着し、熱をかけた際に色が入らない現象
特にサンプル作成時や、生地の端から印刷かけた部分に起こりやすいです

文字サイズ

文字サイズ生地見本

ロゴや、クレジット表記など、細かいデータはどこまで出るの?というご質問を多くいただきます。
表現性に関しては個人差がありますが、弊社では右記のような参考になる生地見本があります。
詳しくご確認されたいお客様には、指定箇所の画像をお送りいたします。

色指定

色合わせ

昇華転写の特性上、色指定が困難です。
ただ、やはり色にこだわりのあるお客様には出来るだけご対応できるよう写真のようなカラーチップを作成し、色合わせを行います。

色合わせの方法は、下記の通りです。
データを印刷し、パントーンチップに近しい色を職人が抽出し、印刷、確認、置換え大変手間のかかる作業になります。
恐縮ですが、ご発注は200,000円を切るご発注で色指定がある際は別途調整代金としまして1色につき10,000円の代金がかかります。
ご了承ください。